KICK STARTER

img_5658.jpg

「あっ、そういえばオレのバイク、キックがない・・・。」

オーナーさんがす気付き、キックットを仕込む事に。

昔は、「絶対キックで、エンジンをかけたい!」とかなんとか思ってましたが

最近では、セル最高っ!!!そんな感じでございます。。。

img_5573.jpg

そんなこんなでカバーを外して作業開始!

ん???

こんなカンジだったっけ?

img_5571.jpg

もう一台、丁度口を開けてたのがあったので、確認。

アレ???

こんなだったっけ?

そうなんです、コイツら、コイツら?

一回言ってしまったので、そのまま。  

コイツら、揃って84年式でございました。

最近、前期のばっかイジッていたので、見覚えがありませんでした・・。

リテーニングプレートが素敵になっているのねっ。

「ボクがひとりでやっちゃうよっ!」的なお仕事をコナシテクレテおります。

ちなみに、すんごいガスケットが付いてるように見えますが、

カバー側の安っすいメッキが剥がれて、ガスケットにくっ付いているだけでございます。

img_5569.jpg

リリースレバーがくっ付く、スタッド。    一番下にクリップが入っております。

結構な確率で、外れてるコトが多いです。

前に、ユウくんのバイクがツーリング先で、抜けちゃて、そのまま戻りそうだったのに、

ストバイのチュパハラくんと格闘してたら、完璧抜けちゃったとかなんとかで、

出張修理に行ったコトがありました。

クラッチを緩めて、リリースアームごと、ズブズブ抜けてきたら、

そのクリップが外れておりますのでご用心!

説明が下手ですいません。

慣れないパターンのブログはよくありません。

「ギュイッ!」 とか 「ブルルンッ!」 ぐらいがウチらしいのかもしれません。

以後、気をつけます。

img_5581.jpg

チョッパーは、スカスカな部分が、ギュギュウでございます。

                        img_5586.jpg

             楽をおぼえちゃうと、ウンコになってしまうので、

                        たまには、こういうのもやらないといけません。

img_5602.jpg

逆側にも、悲しい出来事が・・・。

リリースプレートのねじ山が、メタメタになっております。

img_5593.jpg

どんだけ、ロックしたのでしょう???

ロックナットは角がボロボロ、アジャスティングスタッドはポッキリッ♪

その場所にあった、適切な工具を使わないとダメでございます。

いい勉強になります。

モーリーも多々、「ありモノの工具でやっちゃおうゼッ悪魔」が、耳元で誘惑いたします。

クワバラクワバラ。

ハンドル、マフラー、ウインカー、お車検に軽くストリップ。

土曜日辺りに完成でゴザイマス。

                                              MOrry

 

コメント/トラックバック

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。