「イカしたヤツ。」

umehara_01.jpg

くだらないコトを書き始めようとしてるので覚悟してください。

 2011年もそろそろ終わりに近づき、来年の目標を立てなければならない

 時期でございます。

 ボ~としているとアッという間に時間は過ぎていってしまいます。

 なにをしていても、なにもしてなくも、「チッチッチッ」 時間は流れ、

 時代は変わっていきます。。。

 あまりにも大きな目標を立ててしまうと、それが重圧に変わり、息も出来なくなってしまいます。

 まっ、息が出来ないコトはないと思いますが、負担になってしまうと、自分が辛くなるので

 軽めなヤツにいたします。

 「イカしたヤツ。」

 これが目標でございます。

 この 「イカしたヤツ。」 ってのが、また難しいのです。

 「イカれたヤツ」 なら、近所に何人もいますが、「イカしたヤツ。」 っていうと、

 これがまた、なかなかおりません。。。

 分かりづらいと思いますので、例えでまいります。

 まず、初級者編。

 みんなで行ったファミレス。

 6人、7人で同時に注文、「オレ、ハンバーグ! とんかつ御膳っ!」

 みんな、好きなものを様々注文いたします。

 一通り注文を済ませ、おしぼりで手を拭きながら世間話を始めます。

 会話を割って入ってくるように、さっき注文を取ったお姉さんが戻ってきてこう言います。

 「あの・・・6人分のご飯ならあるんですけど・・・。今日ご飯がもうなくて・・・炊くのに40分少々・・。」

 この辺りで、

 サラッと、

 「あ~、いいよ、オレ、パスタで!昼飯食い過ぎたし・・・。 お姉さんメニューもらっていい?」

 これです。

 これこそ、「イカしたヤツ。」でございます。

 イカしたポイントは、会話の中に2つございます。

 まずは、

 「パスタで。」

 これでございます。

 「じゃあ、何ならあるの?」 などお姉さんに言いガチですが、

 お姉さんが、「今、聞いてきます!」 とかなんとか言って行ったり来たりしてしまうので

 やめましょう。

 パスタなら間違いなく腐らないので、あるハズです。

 そこまで考えてのパスタでございます。。。

 勿論、昼飯食い過ぎたなんていうのはウソでございます。

 腹が減ったからご飯モノを注文した訳で、パスタが食べたければ、最初から

 パスタを頼みます。

 そして、

 「お姉さん、メニューもらっていい?」

 この後に及んで、「what?」 お姉さんに尋ねているのです。

 いいもクソも、メニューをくれないファミレスなど存在する訳がございません。

 誰にでもやさしく、そして頼もしくもワイルド、

 そんなオトコこそ、モーリーの思うところの 「イカしたヤツ。」 でございます。

 ご飯は、みんなと別れてからセブンで誰にも見られないように買えばいいのです。

 思いの他、初級編が長くなってしまったので、中級者、上級者編は次回の機会にでも。

 img_0664.jpg

img_0676.jpg

 コイツもある意味 「イカしたイヌ。」

 サラッとあまえたかと思えば熟睡、次の瞬間にはジャマで歩けないほどチンチンを

 腫れ上がらせ、血が出るほど精子を撒き散らします。

 「だからなんだ?」

 みたいな内容のブログではございますが、今後ともご贔屓に♪

 

                                                             SoRRy!

コメント/トラックバック

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。