メロンソーダの秘密。

soda02.jpg

自分が描くところの完璧な人間になるには、到底時間がない。。。

ザっと計算しても、あと20年の間になんとかせねば、お爺ちゃんになってしまう。

理想もクソも、体が言う事を効かなくなってしまう可能性だってある。

だったら、どうするの???

ヒトの何倍も努力する。

今から沢山の本を読んで頭に知識をガンガンいれる。

方法は沢山ございます。

そんな事ばかり考えてる訳じゃないけど、

毎日、死に向かって、確実に時間は針を動かしております。

考えなければならないのです。。。

そんな時、ふと、

いや、

フッと?

どっちでもいいのですが、

「メロンソーダ。」

このカタカナ、丸もいれて7文字が頭に浮びました。

けしてアタマがオカシクナッタノデハありません。

飲んだコトありますか?

絶対飲んだコトがある筈です。

豚肉の様にお国柄でメロンソーダが禁じられてないか限り、口にしたコトがある筈です。

あれだけ、メロンの味がしないのに、

喫茶店に入れば、

映画館に入れば、

失恋した時に、涙を滲ませながら飲んでる筈です。

ヤツは

「メロンソーダ、メロンソーダー!」

と騒がれて、何年経つのでしょうか?

ちゃんと自覚してるのでしょうか?

色だけで、

そう色目だけで、

何の疑問も持たれずに、ソーダー界のトップの座に君臨し続けております。

タイが入ってないのにタイ焼き。

考えればキリがありませんが、

あいつはアイツで、タイの形を身にまとっておりますし、

色々考えると、

やはり、「メロンソーダ」 はスゴイのです。

相当カッコイイと思われます。

出来るならば、この20年で、

メロンソーダーみたいな不可解な人気を取得出来るオトコになりたい。。。

そう思いました。

まっ、何も考えないで書き出したので、大したオチもなくシリツボミではございますが、

矢野さんの唄でも聴きながら人生について考えるコトにいたします。

                                            SoRRy

コメント/トラックバック (1件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 昨日、2円でメロンソーダを飲んだ夢を見ました。