今日はボクの破天荒な父のハナシ。

生森 敏三郎

ヒトに名前の漢字を説明する時は、

「敏感の敏に北島三郎の三郎で敏三郎」

と必ず説明します。

とにかく暇があれば家族を家に残し海外に遊びに行ってしまうヒトでした。

基本的にはthe父親という感じではなかった気がします。

とにかくヘビーな悪戯が絶えず、借家なのに業者呼んで掘りごたつを設置、なんにも知らない母親が滑り落ちる。

なんてコトは日常茶飯事。

小学校の時、校庭で壁に軟球を投げて遊んでた時、投げたボールが女の子にヒット。

正直悪意はなかったけど、担任と相手の親が家に来て、やんややんやブチ切れてる時も、急に席を立ち近所の文房具屋でゴムボールを買ってきて、

「今度はコレぶつけてやれっ!」

って黄色いボールをオレに投げてきました。

この時ばかりは、

「今それやったら角がたつんじゃないの?」

子供ながらにそう思いました。

お陰様で次の日から暫くクラスの女の子にはフルシカトされました。

当時は、なかなかやり手の営業マンだったらしく、ある程度のトコまで上り詰めたのに、上司にガムの指パッチンをやって飛ばされる。

正月はテレビ自体を横にしてガチ寝正月みたいな。

銀座を歩く時は上をみるな、田舎もんだとおもわれる。

カーブは踏め、はやくカーブがおわる。

どれを取ってもロクなもんじゃありませんが

唯一教わったモノと言えば車の運転。

助手席側から、シフトを入れさせられたりハンクラを早めに仕込まれていたので、小学校真ん中辺りには普通に運転できるように仕上げていただきました。

ほかにも記憶に残ってるモノは沢山ございますが身内の恥を晒すことになりそうなのでこの辺で。

そんなオヤジから言われた言葉で未だに役に立ってる言葉がございます。

「迷ったらキタニイケ」

おそらく関東の人しか分からないと思いますが、首都高速一瞬でも迷おうもんなら何処に連れて行かれるかわかりません。

帰り道で迷ってるようじゃ女にモテない。

北池袋を目指せばなんとか家に帰れる。

で、キタニイケ。

今は携帯で地図見ながら走るのが当たり前になっていますが、当時はナビもまだなく、スーパーマップルを積んで走っておりました。

これに関してはすごく感謝しております。

本日バイクの引き取りで港まで来る道中で

キタニイケを思い出したので書いてみました。

ちなみにそんな親父は今も健在です。

あっ最後に思い出した。

成人式の2次会に行く時に一万円差し出し、

「暴れてこいっ!」

って言われましたが、一万円ではさほど暴れる事はできませんでした。

MoRRy

人生でいちばん大事なもの。

健康

友達

人それぞれだと思いますが、悲しいかな、

なんやかんやお金がかなりのウエイトを占めてる気がします。

お金さえあれば命が助かる場合もあれば、逆に命を失うコトもあります。

まっ、そんな大金を手にしたコトがあるわけじゃないので、今回は使い方のハナシです。

これまたあってるか分からないので、サラッと流し読みしてくだされば幸いです。

これまで色んなヒトと関わり、色んなヒトのお金の使い方を見てきました。

「あっ、最後の最後に値切ってケチついたなっ」

とか

「えっ、いいの?買っちゃうの?くれちゃうの?」

みたいな

色んな使い方があります。

勿論トータルで考えると前者の方が今となっては家も持ってるし、車もそこそこ。

みたいな。

ケチっていったら微妙ですが小さい積み重ねが富をもたらしたのでしょう。

そんなこんなを色々見てて最近よく思うのが、

結局人生において、与えられるお金、人それぞれ大体一緒で、それをどう使うか?的な

カードゲーム

いや

マネーゲームなんじゃないかな?

って。

すんごい溜め込んで、いつかいつか!って思いながら突然死。

4ヶ月前に結婚相談所でやっと知り合った女に全てを持ってかれたり、

何やってもダメ、もう会社を畳んで自己破産しか道がねぇな、、、。

って思ってた矢先、自分ちが国の区画整理にひっかかり大金を手にする。

みたいなコトもございます。

なので、ボクは「ばら撒き大作戦」を10年前ぐらいから実行に移しております。

ばら撒くったって、そんな金がある訳じゃないので微々たるものです。

タクシーに乗って、「お釣りとっといてください、駅で並んでたのに近くてすいません、また戻るんですよね、、」

なんて言っても、生意気じゃない歳になりましたので、

タクシーは勿論、ヤマトさんがくれば、

「なに飲む?」てきな。

いつまで出来るか分からないけど、出来るうちはヒトに気を使って、お金を使いたいな。

って思っております。

 

いつか精魂尽き果て、この世からいなくなった時、オレの葬式は夏の暑い日にジュースを奢られたヤマトのパートさんで長蛇の列になるでしょう。

MoRRy

 

 

 

 

とにかくマフラーを造るのがすき。

排気効率とか難いハナシになると出る幕はありません  が、

古いハーレーなんて所詮バカマフラー。

いいサイレンサー突っ込めばどうにかなる的なトコがあるのですき。

グシャっと短い車輌もマフラーひとつで長細くも見えるし、1番派手な部位。

車体が斜めになったその時、やや下から見た感じを想定しながら造るのがたまりません。

所詮曲がったパイプがガッツで売ってるので、切った貼ったするだけなんですが、パイプの繋がりがキレイにいけば、すごく美しいラインがでます。

車体を造る時、フェンダーの長さとマフラー。

オイルタンクとマフラー、フォークの長さに対するマフラーの角度。

何気にマフラーのコト気にしながら造ってる気がします。

先っちょの方で排気効率云々のコトを書きましたが、出来れば排気効率も伴ってれば尚いい。

ので今回はリバちゃんの要望もありパンチングパイプを仕込んだり色々やってみました。

どんな結果がでるか楽しみで仕方ありましぇん。

外注もやってますので、要望がございましたらパイプおじさんが頑張ってお造りいたします。

「こんな感じでこう。で出口こう!」

みたいな注文が燃えてきちゃうので1番嬉しいです。

MoRRy

かれこれ出会って2年半

14歳が違うので、

オレが中学上がったぐらいにお産まれになられたようです。

惚れた腫れたでスタートしたものの

いい歳なので、お互いこの先ジジィババァになっても飽きないヤツ、

ここが1番のテーマ。

 

出会った瞬間感じたのが

「取扱注意」

初めは多少ネコを被っていましたが、

白黒はっきりタイプ、筋がキッチリ通っておりました。

アホだけど妙に頭の回転が速い。

 

生まれ育った街で一生過ごそうとしてたみたいでしたが、

話が決まると、すぐネコ2匹連れてコッチにやってきました。

 

「早くしないとまぁちゃん死ぬやろ?」

それが理由?

確かに50にはなりましたが、

まだ、いやもう少し生きようとは思っております。

 

そんなこんなでいま。

 

出会った当初、神戸のお客さんから撮影を頼まれ一緒に行くコトになりました。

 

朝そこの場所まで向かいましたが

ちょっと寝坊したのと道が混んでいて約束の時間に間に合いそうもなく、

 

「ちょっと渋滞してて時間が押してるからもう少し時間かかるってメールしてくれる?」

そう言って携帯渡したら

 

「いる?寝坊しましたごめんなさい!で一発やろ!」

 

通常なら、いやいや黙ってメールしてくれる?

ってなりそうなもんですが不思議と

 

あっ、なるほどっ!

 

なんかスンナリ、納得してしまいました。

 

小さな嘘を積み重ねてくとデッカい嘘になって更に嘘をつかないと帳尻が合わなくなる。

 

なんか40後半にもなってウソ上手くなっちゃったなぁ。

って。

一個の例ですが、こんな感じで生きてきたヤツなんだなぁ。。。

 

そんなこんなで今に至ります。

 

手前味噌になってしまうのでこの辺で。

 

残業すれば褒められるコトなく、

段取りが出来ないヤツに人称。

道で喧嘩しそうになるとキャパの狭いヤツといわれてしまいます。

 

が、このウソのない取扱注意と一緒に正直に今後の人生を過ごしていきたいと思っております。

 

Morry

 

 

昔はホッドロッド=赤と艶消し黒みたいなイメージがありました。

それも辿って行くとホッドロッドショーがまだ車メインだった頃

いきなりバイクを持ち込みアワードを掻っ攫っていった改華堂のナックルがその色だったからな気がいたします。

あの頃、1番ショーを先取りしてたと言うか、エンターテイメントを理解して実行に移してのが小川くんだったんじゃないかな?

って思います。

その流れで、みんなバイクを出展するようになったし、今では車と半々、いやバイクの方が多いぐらいになりました。

エド・ロスのカッコして杖つきながら会場を練り歩くなんてぶっ飛んでました。

ステキ❤︎

あんまり他所のお店を褒めてると食いっぱぐれてしまうので本題にはいります。

今日は色のおはなし。

最近ストゥープでは、カスタムしかり色までおまかせブーム。

きっと考えるのも面倒だし、自分が言った色が微妙だった時を考えると厄介、だったら考えてください的なヤツだと思います。

でも色を考えるのって、なかなか大変なんです。

偏ってるかもしれないけど、モーリー式の色に対する考えがあります。

あくまでも個人の意見なのでお気になさらず流し読みしてください。

白     膨張

黒     みんなと一緒

赤     派手

紺     まじめ

紫     ヤンキー

茶色    ウンコ

グレー   東京のヒト

極端かもしれませんがこんな感じです。

そこで考えたのが、ナニナニ+ナニナニ。

例えば今回のトップの写真のスバル、

手に入れた時は真っ黒だったんですが、どうしても白にしたくて少しグレーが入った白にしました。

いざボディーが塗られていくと思ってたよりファニー。

どうしよう、、、ってなり

足回りを男前にするべくハヤシのホイールを売っ払い、

艶消しの黒と艶ありの黒で仕上げました。

グレーを使う時もグレーに差し色で使う色、例えば差し色が紫なら、

グレーを調合する時、

その紫を黒と一緒にあわせてもらうと摩訶不思議そのグレーが差し色の紫に引っ張られていいかんじになったりいたします。

基本フレームが黒の場合、あまりにもかけ離れた色にすると、なんだか新車のスポーツスターみたいに見えてしまうので、派手にラメでいきたいみたいな時は、リアフェンダーはメッキに。

ド派手なタンクもマウント部分だけ色を濃くしてフレームに馴染ませたりしております。

そんなこんなで他にも色々色についてはありますが、毎度メチャクチャ考えて色を決めたりしておりますので、

お客様達、出来れば好きな色を2色ぐらい教えていただけると、少し悩まずにすみます。

と言うクレームのお話になってしまいました。

おやすみなさい。

MoRRy

無論写真と内容は異なりますのであしからず。

修業時代のお店のおかみさんとオレです。

 

最近ホントに歳を取ったなぁ。。。

っておもうコトが増えてまいりました。

なんだろう?

妙にオトナな考えが出来る様になった部分と

頑固に磨きをかけてしまった部分のバランスがうまくいきません。

 

今日はこの磨きがかかってしまった部分のおはなし。

 

昔っから義理、不義理にはうるさく、どうして「そこ」で人を判断してしまう。

特に切羽詰まった時に見え隠れするホンネ、言葉尻で試してしまう癖があります。

じゃあ自分は出来てるの?

ってなるけど、

そこだけは出来てると思っているし、出来る様に常日頃心がけております。

それは難しいコトじゃなく、

簡単に例で言うなら、

ポッケには「ラスイチ」タバコ。

 

「あっ、モーリータバコもらってもいい?」

 

友達から言われました。

 

はい、この状況。

誰にも分からないし誰にもポッケの中はみえてません。

「ない」って言えば、ソイツが帰った後にコンビニに行かなくて一服出来ちゃう。

 

だけど、そこでひとつ嘘が発生するのと、ソイツが帰った後に吸う「嘘タバコ」なんて美味いわけがありません。

 

その判断は最低2秒でしなきゃダメ。

 

「あれ?ゴメン、ラスイチじゃん、、」

そう言われて、

 

「いいの、いいの、朝から吸いすぎて気持ち悪いし、吸って!吸って吸って!」

 

ここまで出来たら万々歳。

 

ちっこいコトだけど、なんかそうありたい。

って思います。

 

ちょっと違うけど今日もそんなコトがありました。

 

頼んでたTシャツがあがってきたので、いつものように受け取りにいきました。

なんか出来上がったTシャツに違和感があったので聞いてみると、頼んでた品番はあってるんだけど前回のモノと微妙にカタチが違いました。

メーカー側の変更だったのか?

なんなのかわかりませんが、まさに切羽詰まった状況。

 

担当のYくんは、一旦時間ください!

その場は商品を受け取らずに帰りました。

 

あくまでも品番は一緒、そう言えば済むハナシでもあるし、どうでるのかなぁ。

 

って楽しみなわけじゃないけど、ドキドキしながら電話を待ちました。

 

10分もしないウチに連絡があり、今回の分は無しでいかせてください、納期があったのにすいません。。。

 

ここまで言われちゃうと、いやいや半分払うし、そっちが間違ってる訳じゃないんだから痛み分けしない?

ってなります。

 

まさにオレが大好きな義理オシモンドウでございます。

 

話は終わらず、そのあと電話がなり、

痛み分けの件ありがとうごさいます、そこは甘えさせて頂いて、今回刷り直しの分はコチラが、、、

いやいやいやいや。

みたいな。

 

すごく救われた気がするし、長く付き合いたいと思ったし、勉強になりました。

ありがとう。

 

 

そんなこんなで、

めちゃくちゃビールが美味いヨルになりました。

Morry

 

 

 

 

お洋服屋さんになりたい訳ではないのですが、

去年から少しずつまじめにアイテムをふやしております。

もはや服が作りたいのか、ムービーが撮りたいのか?

自分でもよくわかりませんが、一緒にやってくれるともだちが見つかったので、

わちゃわちゃ相談しながら頑張ってみようと思います。

良かったらチェックしてみてください。

MoRRy

お久しぶりです!

誰かが読んでくれてると信じて語りかけてしまいましたが、、

強気にこのまま進めます。

最近朝早く目が覚めてしまうので珈琲なんか飲みながら色々考えます。

「我ながら上手に生きてきたな」

って。

別に死期が迫ってる訳ではないんですが振り返るコトが多くなりました。

色々まわりのヒトには迷惑もかけたかもしれませんが50まで来て自分採点では85点って感じです。

ここまでずぅーと判断は2択。

面倒臭いコトは省いて2択に絞り、感覚だけに頼って決定実行

あとはなるようにしかならない、それで何か問題が起きたらその時なんとかできるっしょオレさまなら。

こんな考えでよくここまで来れたなって思いますが自己採点が85点でてるので、このまま行こうと思います。

保守的な考えはなんにもいい結果を生み出しません。

基本普段も「コレ作れます?」

って聞かれて作った事がなくても

「できます😤」

って答えちゃいます。

その方がカッコいいし、やれるように努力するので。

イケイケでいきましょう😤

なんかカッコいいコトばっか言っちゃったので

モーリー50知恵袋をひとつ。

内容によりますが、警察から逃げなくてならない場面になった時。

まずは深呼吸。

左に逃げがちですが、右のルートとを選んでください。

そして現場が気になっても戻らないで、何事もない時のアナタの行動を思い出し実行してください。

きっと救われます。

人殺しとかだったら、速やかに自首してください。

MoRRy

 

 

 

 

 

店にいるときは常にアッパーでいようと心掛けてます。

「シケた店にはヒトがこない。」

そう教えられてきたので、ずぅーとコレを実践しています。

別にめちゃくちゃ明るい性格なわけでもないし、借金も悩みも沢山ございます。

イヤなコトが起きた時、そこで食い止めないとまたイヤなコトがまた襲い掛かかり負の連鎖でやる気が失せる。

結果、常にアッパーでいるコトがいい結果を生むと信じております。

話は変わって

いや変わらないで本日契約しに来てくれたお客さんのはなし。

「買うのは買うけど契約だけは2月にしてほしい。」

これまた不思議なコト言うなぁ。

って思い理由を聞いてみると、

「後厄がそのぐらいで終わるので、、、。」

え?そんな理由?

「そんなモン気のせいでしかないし、厄年も後厄もやっつけちまえばいいんだよ!アッパーで行こ、アッパーで!」

ちょっと前の自分なら途中で遮ってそう言ってましたが、ちゃんとヒトの話を聞くようになったボクは落ちまで聞くことに。

1      カノジョの勝手た犬に腕を噛まれて30縫う。

2      虫垂炎になる。

3      プロポーズを断られた上に話が拗れストーカーとして警察を呼ばれて2度とカノジョに逢えなくなる。

忘れてしまいましたが、まだまだなんかありました。

もはや落ちまで聞けず、アッパーになってどうなかなるハナシじゃないので

後厄がキッチリ終わってから来ていただく運びとなりました。

2月まで頑張って乗り切ってください❤︎

MoRRy

 

 

 

 

 

お節介は昔から。

何かにつけて首を突っ込んでは巻き込まれ余計な悩みが増える。

ヒトに無関心でいよう。

毎年決意するけど結局は治らない。

そんなオレの周りには、甘い蜜に吸い寄せられるかのように

「次男次女」が寄ってきます。

そのひとり、いや代表が山本港人であります。

なんでしょう?

言いたいコトは言う、勝手、ワガママ、

自分中心、ナルシスト。

三拍子以上揃ったその男。

付かず離れず25年以上

まぁ天才的にオレを扱うのがうまい。

甘えるのがうまい。

そういう星の下に生まれてきてるのかもしれません。

そして悔しいですが、

コッチもヤツに魅了され引き寄せられて行ってるような気もします。

夜の夜中にバイク造って

「ヤバイ、、キタねコレ。」

自画自賛して騒ぎだす。

今回のロッドショーに関しては

「自慢のバイクを並べねぇ?」

から始まっております。

今後もふたりで色々やっていくと思いますのでよろしくお願い致します。

このヒトとヨメでワガママは手一杯なので、次男次女の方はあまりボクにちかよらないでください!

MoRRy

© 2021 STOOP MOTORCYCLES